EDはどこからがEDなの?

最近、電車のつり革広告やCMなどで「ED」というものをよく見かけますが実際に自分がEDなのかよくわからないです。どのような症状などが出たらEDという認定になるのかなど、EDについて色々と書いていきます。

ED治療の性力剤としてクエン酸を使える

クエン酸はかんきつ類に多く含まれています。酸味が強いですが、ED治療の性力剤として使うことができます。クエン酸には、ダメージを受けた筋肉細胞や神経細胞を回復させる働きがあります。EDの場合は、ペニスのまわりの筋肉細胞がダメージをつけていることもあるので、この栄養素を摂取するようにすれば、EDの状態を改善できます。またクエン酸は神経細胞を元気にする力も持っています。EDは身体のダメージで起こることもありますが、精神的なことがきっかけになって起こることも良くあります。例えば、仕事でストレスが溜まれば、それがきっかけになってインポテンツになるのはよくある例です。精神的なダメージがきっかけの場合も、神経細胞を回復させる働きがあるので、クエン酸は有効です。
この栄養素の場合は、摂取の仕方に注意する必要があります。人間の細胞は絶えずダメージを受けているので、常時修復することが必要です。そのために、クエン酸は時間を置いて、1日に数回取るようにするのが、理想的な摂取法になります。毎食後に取ることを習慣づけたら、取り忘れは少なくなります。この栄養素は取りすぎたからと言って、副作用が起こることはほとんどありません。疲れを感じたら、毎食後以外取ってもよいでしょう。神経細胞を回復させる働きもあるので、いらいらいしている時やストレスを感じる時に、取るのも良い方法です。他の栄養素の中では、ビタミンB群と共に取ることが有効であると知られています。ビタミンと一緒に取れば、相乗効果が生まれて、疲労回復が早くなります。クエン酸はかんきつ類に多く含まれていますが、毎日かんきつ類を取るのは無理があります。サプリメントを活用しましょう。