EDはどこからがEDなの?

EDはどこからがEDなの?

最近、電車のつり革広告やCMなどで「ED」というものをよく見かけますが実際に自分がEDなのかよくわからないです。どのような症状などが出たらEDという認定になるのかなど、EDについて色々と書いていきます。

こんな症状が出ていたらEDと怪しもう

EDというと全く勃起しない状態を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、そうではありません。性交渉の途中で萎えてしまったり、勃起時の固さが不十分である等、性交渉を満足に最後まで行うことが出来ない状態も程度はあれどEDである可能性があります。特に40代からこの様な症状を感じる人が増える傾向にあり、60代になると多くの人がEDであることを自覚しているというデータがあると同時にシアリスのようなED治療薬を使用する人も少なからずいるという事実があります。
年齢が上にいくにつれEDであることを自覚している人が多くなる原因に加齢が挙げられます。歳をとるとそれだけ血管が老朽化し弾力性を失います。弾力性を失った血管は動脈硬化を引き起こし血行不良になる可能性があり、血行不良が原因で陰部への血流が悪くなりEDを引きこすことになります。これは加齢だけでなく喫煙している人にも同じことが言え、喫煙者の場合ですと40代でなくともリスクを上げることになるので注意しましょう。
また仕事や家庭のストレスにより心因性のEDになる人は20代や30代の若い人に多い傾向にあります。仕事や家庭などで生活環境が変化しやすいこの年代は日常の中でもストレスを溜めやすいので、注意が必要です。特に子どもが欲しい夫婦の場合ですと、子づくりのための性交渉になる場合があり、それがストレスになることで妻の排卵日周辺にのみEDを引き起こす人もいるほどです。
上記の様な原因の他にも病気や治療のために服用している薬が原因になったりと、誰でもEDになることが考えられます。その時に勃起しないだけでなく、途中で萎えることが続いたり勃起するまでに時間がかかる等、性交渉における問題があるならば、一度クリニックで相談をしてみると良いでしょう。もしくはEDの治療薬を使用する事でもEDは治せます。ED治療薬であるバイアグラは通販でゲットできるので、ネットで購入するという手段も考えておきましょう。

■ED治療薬にもそれぞれ特徴があります
レビトラは即効性が特徴です